数ある情報商材の中から、有益商材を情報商材レビュー、また稼げる情報商材をピックアップし情報商材レビューします!
情報商材もいろいろあります。
このブログは稼げる情報商材、価値ある情報商材を
ピックアップして徹底的にレビューする
情報商材レビューブログです。

CIMG0727_edited.jpg

■あるパーティで
松田優作に変装
情報商材が次から次へと洪水のように押し寄せてきますね。あなたにとっての情報商材は何が最適なのでしょう。数ある情報商材の中から稼げる情報商材に目を当てレビューしていきます。この情報商材レビューから、あなたに最適の稼げる情報商材をを選択していただき、稼げる情報商材であなたのネットビジネスが爆発的に稼げるビジネスに変化することを希望します。


by情報商材徹底レビュー・万吉


情報商材・稼げる情報商材一覧



ランキングいつも応援ありがとうございます。感謝してます(_ _)
20061214230623.gif

人気ネットビジネスランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども!情報商材レビュー 稼げる情報商材発信室の万吉です。

あなたもメルマガやメール受信で一方的に送られてくる
迷惑メールで不快な経験されたことがあると思います。

今でも規制はあるのですが、いよいよ、経済産業省が
規制を強化するようです。

先日の朝日新聞に記事が掲載されていましたのでご紹介します。

「宣伝・広告目的でパソコンや携帯電話に一方的に送られる
迷惑メールについて、総務省に続いて経済産業省も規制を強化する。
インターネット小売業者などメール広告主に、消費者の承諾を
得ずにメールを送ることを禁ずる。

総務省は送信業者に未承諾メールの送信を禁じる方針で、送信
業者と広告主の双方への規制強化で迷惑メールの押さえ込みを
目指す。

28日の産業構造審議会(経済相の諮問機関)の小委員会が
規制強化で合意した。経済省は、訪問・通信販売などに関する
ルールを定めた特定商取引法の改正案を来年の通常国会に提出し
来年中にも規制強化する。

現在のルールでは、表題に『未承諾広告※』と示せば、広告目的
のメールを不特定多数に送ることができる。
だが経産省によると、ルール通りに表示されたメールは全体の
1%未満にとどまるという。


迷惑メールをめぐっては、総務省も特定電子メール送信適正化法
の改正を目指している。経産省は、身元の特定が難しい送信業者
への規制の強化だけでは、悪質な小売業者を摘発するには不十分
とみて、独自の規制に乗り出す。

具体的には、ネットショッピングのサイト上で、広告メールの
配信を希望するかどうかを事前に消費者に確認し、希望した場合
のみ送信を可能にする。
希望していないのに送信された場合は、代金の振込先として指定
された口座が開設された金融機関に対し、経産省が直接、情報提供
を命じられるようにして、違反業者を特定。悪質な業者に対しては
刑事罰を科すことも検討している。」

-朝日新聞朝刊より-

今後ますますネットビジネスが盛んになると思われますが
現在は規制が後追いの状態で追いついていないのが現状です。

今後はいろんな規制が出てくることが予想されますので、
やはり、商道徳、マナーを守って業界全体がよくなるように
していきたいものですね。


人気blogランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jyohoblog12.blog81.fc2.com/tb.php/167-dd498bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。